遺産承継業務

不動産の相続登記、預貯金の相続手続き、投資信託の相続手続き、有価証券の相続手続きなどの面倒、手間、時間がかかる手続きを代行します。

遺産承継業務の注意事項

遺産分割協議書は、当事務所で作成しますが、当事務所が遺産分割協議に介入することはありません。

相続登記について法律上の期間はありませんが、遺産分割協議、遺言で法定相続分以上を取得した場合には、法定相続分以上を第三者に対抗するためには相続登記が必要です。

遺産分割協議が成立すると、単純承認となり、その相続に関して原則、相続放棄、限定承認ができなくなるので注意お願い致します。

遺産承継業務は、相続人全員との委任契約が必要になります。

遺産承継業務の流れ

STEP1

手続きや費用等の説明の上、委任契約をします。費用として、金50,000円を預かります。知れている相続人全員と順次、委任契約をします。委任契約書には実印を押印し、免許証等の写し、印鑑証明書も受領します。

STEP2

当事務所が、相続書類の収集、法定相続情報を作成し、相続人を確定します。

STEP3

相続人全員での遺産分割協議 具体的な内容を決めます。

STEP4

遺産分割協議に基づく、遺産分割協議書を作成します。

STEP5

不動産の相続登記、預貯金の相続手続き、投資信託の相続手続き、有価証券の相続手続きなど手続きを当事務所が代行します。

STEP6

完了後、書類の引き渡しをします。

 

遺産承継業務 費用

司法書士報酬 金165,000円(税込)

管轄法務局(相続登記)、金融期間、証券会社が5つまでの報酬になります。

5つを超える場合には、1つ増加ごとに金11,000が加算されます。

戸籍など相続証明書の取得の代行、相続人調査、遺産分割協議書作成等の費用を含みます。

費用(実費)

相続登記分

登録免許税   固定資産評価額の1,000分の4

事前の登記確認費用  登記事項の確認 1不動産 332円 、公図 1通 362円 その他

完了登記事項証明書  1通 500円

その他

小為替、戸籍、改正原戸籍、除籍謄本、住民票、戸籍の付票 実費

送料、交通費その他 実費

分筆などが必要な場合には、別途測量費用、土地家屋調査士の費用が必要になります

▲このページのトップに戻る