よくある質問 後見等 成年後見人に選任されましたが、金融機関への届出などについて教えて下さい。

成年後見人に選任されましたが、金融機関への届出などについて教えて下さい。

成年後見人に選任されると金銭に管理から成年後見人名義の通帳などが必要になります。金融機関の届け出については、既存の成年被後見人名義の通帳、新規の通帳でも手続き的にはほととんど変わりません。保佐人、補助人、任意後見人についても預貯金の管理(口座の開設、変更、解約、払込、払戻)等についての代理権があれば同様な手続きができます。

一般的に必要なものは次のとおりになります(個々の金融機関で違う場合もあります)

●成年後見人の登記事項証明書(発行から3か月以内) 成年後見人選任後3か月以内であれば、選任審判書謄本と確定証明書で代用可能です。

●成年後見人の印鑑証明書

●成年後見人の実印

●成年後見人の免許証等、本人確認できるもの

成年後見などの届出は、慣れていない金融機関が多いですので、事前に連絡してから金融機関に行った方が無難です。当職は、最大で2時間程度拘束された経験があります。

▲このページのトップに戻る